仿耀州窯八方皿 魚戲蓮紋 PC081
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

仿耀州窯八方皿 魚戲蓮紋 PC081

残り1点

¥35,200 税込

送料についてはこちら

このお皿は耀州窯のスタイルを模倣しています。 このプレートは、茶盤としてだけでなく、一般的なプレートとしても使用できます。 耀州窯とは、中国陜西省耀県銅川市附近に分布し、中国陶磁史において有名な窯場である。 唐から元・明に至るまでの長期間活動し、その作風は華北・華南に影響を与え、隆盛をきたした。 初唐には黒釉磁、盛唐には三彩や素胎黒花をつくり、中唐には青磁が登場する。宋代に入って片刃彫りや型押しによって文様をあらわしたオリーブ・グリーンの青磁を作り上げたことで、その技術の高さを知らしめた。金代以降は、次第に黄褐色の釉に変化し、その作風を変えながら明代以後まで続いていく。 刻まれた模様は、蓮の葉の間で魚が泳いだり遊んだりするシーンです。 魚戲蓮紋です。このようなパターンは、刺繍作品によく見られます。 表面には自然な【貫入】があります。 この製品の雰囲気を作り出す要素の一つとお考え頂ければ幸いです。 直径:215mm 足径:98mm 高さ:35mm 寸法の測定値は若干異なる場合があります。 中国景徳鎮制、手作りの作品 作家:塗睿明さん