other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

青花書道茶壺 PE006

18,700円

送料についてはこちら

青花書道茶壺です。 この茶壺は非常に小さくて可愛らしく、全体的に丸みを帯びており、西施壺のデザインを基にしていますが、一般的な西施壺よりもわずかに高くなっています。蓋の取っ手は銀装飾で飾られています。 外側に書かれた文字は、唐代の詩人王維の「山居秋暝」です。 空山新雨後,天氣晚來秋。 明月松間照,清泉石上流。 竹喧歸浣女,蓮動下漁舟。 隨意春芳歇,王孫自可留。 その中で、最初の一句は蓋に書かれ、残りの三句は茶壺の本体に書かれています。 この詩の意味は翻訳が難しいですが、大体: 新しい雨の後、山間の谷は広々として清新で、初秋の夕暮れは特に涼しいです。 明るい月が静かな松の森に輝き、清らかな泉水は山の岩に静かに流れています。 竹林からは騒がしい声が聞こえ、それは若い女性が洗濯をして帰ってきたことを知らせています。蓮の葉が軽く揺れ、上流から下る小舟の存在を知ります。 春の花と草が消え去っても、目の前の秋の景色は私を長居させるには十分です。 青花釉を使用して茶器の粘土の胚に文字を書くことは、墨汁を使用して宣紙に文字を書くのとは全く異なるものです。さらに、茶壺の外側の形状も平面ではないため、非常に特別な効果が現れます。文字の入った茶器を手に持ってお茶を飲んだり、手で触れたりすると、独特の雅趣があります。 口径:45mm 高さ:75mm 重さ:129g 容量:115cc サイズと重さの測定にはわずかな誤差が発生することがあります。また、個々の製品にもわずかな違いがあることがあります。 陶磁器の表面には貫入(開片)が生じる可能性があり、これは基本的に底の粘土部分と表面の釉薬部分の収縮率の違いによるもので、避けられない正常な現象です。ただし、これは使用に支障をきたしません。すべての陶磁器で発生するわけではありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 中国景徳鎮制

セール中のアイテム