new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

粉彩扒花蓋碗 PF092

30,800円

送料についてはこちら

粉彩扒花三才蓋碗です。 景徳鎮の扒花工芸は、伝統的な陶磁器の装飾技術の一つです。 最初に、磁器の胚体、通常はカップ、お皿、ボウル、花瓶などが制作されます。次に、陶芸家は鋭い工具を使用して慎重に胚体の表面を削り取り、下にある装飾層を露出させます。このプロセスには高度なスキルと忍耐力が必要です。最後に、削り花が完成したら、磁器に釉薬を塗り、それから窯で焼成され、デザインが美しく耐久性があるように保たれます。 扒花工芸の最大の特徴は、その精巧で洗練された制作プロセスです。この工芸は陶工に高度な創作スキルを要求し、各デザインを手作業で制作し、削り花の深さとディテールが要求に合致するように確保する必要があります。最終的な製品は通常、優れた立体感と視覚的な効果を持っています。 茶杯口径:99mm 茶托足径:54mm 全体高さ:86mm 全体重さ:252g 容量:実用120cc、満水175cc サイズと重さの測定にはわずかな誤差が発生することがあります。また、個々の製品にもわずかな違いがあることがあります。 陶磁器の表面には貫入(開片)が生じる可能性があり、これは基本的に底の粘土部分と表面の釉薬部分の収縮率の違いによるもので、避けられない正常な現象です。ただし、これは使用に支障をきたしません。すべての陶磁器で発生するわけではありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 中国景徳鎮制

セール中のアイテム