雍正款手描き斗彩茶杯 PC044
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

雍正款手描き斗彩茶杯 PC044

¥10,450 税込

送料についてはこちら

  • A-菊

    残り2点

  • B-霊芝

  • C-三果

    残り1点

  • D-竹

  • E-海水

  • F-蝶

清朝の雍正時代(1722-1735)に、磁器の製造は新しい高さに達しました。 雍正皇帝自身は、以前の皇帝よりも磁器を愛していました。 雍正皇帝はしばしば磁器の製造について質問し、明成化斗彩をとても好きで、コピーのために景徳鎮【官窑】に何度も送られました。 【雍正斗彩】は、デザイン、装飾、レイアウト、カラーマッチング、およびカラーフィリングテクノロジーからより高い段階に入りました。 さらに、多くの生活用品が生産されており、皿、カップに加えて、ボトル、ポット、缶などの大型の調理器具もあります。 表面には自然な【貫入】があります。 この製品の雰囲気を作り出す要素の一つとお考え頂ければ幸いです。 A-菊(図2) 口径:74mm 底径:30mm 高さ:49mm 115ml B-霊芝(図3) 口径:71mm 底径:32mm 高さ:43mm 95ml C-三果(図1) 口径:78mm 底径:32mm 高さ:49mm 90ml D-竹(図4) 口径:64mm 底径:29mm 高さ:37mm 75ml E-海水(図5) 口径:77mm 底径:31mm 高さ:38mm 115ml F-蝶(図6) 口径:81mm 底径:32mm 高さ:32mm 80ml 寸法の測定値は若干異なる場合があります。 中国景徳鎮制、手作りの作品 作家:塗睿明さん