雍正款闘彩团菊紋茶杯 PC077
5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0 5fe05c7572eb4601604972f0

雍正款闘彩团菊紋茶杯 PC077

残り1点

¥28,600 税込

送料についてはこちら

この形のカップは「馬蹄杯」と呼ばれます。馬の蹄(ひづめ)に似ているからです。 手描きの斗彩パターンは「团菊紋」です。 【斗彩(闘彩)】は、中国磁器の歴史において非常に高い地位を占めています。 景徳鎮は古くから磁都として栄え、宋、元、明、清朝とさらに技術は向上し発展していきました。景徳鎮には宮廷へ献上する器をつくる【宮窯】がおかれていました。 【斗彩(闘彩)】とは明朝時代の成化年(1465-1487)に最も発展した技法で、元時代に発展した染付けの【青花(チンホワ)】の技法で輪郭を描きます。そのため輪郭は青い色をしています。 その後透明の釉薬をかけて窯で焼きます。窯からだして空白の部分を色鮮やかな色でもって描いた後、再度窯で焼き上げます。 【斗彩(闘彩)】の名前の起源について多くのことわざがあり、いくつかの論争があります。 一つは、美しい色同士が争うように見えるほどなことからこの技法を【斗彩(闘彩)】とよぶようになりました。 一般的に、【斗彩(闘彩)】の【斗(闘)】は景徳鎮の地元の方言に由来すると考えられています、接続の意味。これは、前述の2つのプロセスの連続性です。 クラフトは非常に難しいため、磁器の貴族と呼ばれています。 歴史上有名な【斗彩(闘彩)】は、【成化斗彩鸡缸杯】です。 2014年に2億8,000万香港ドルのオークションで販売されたこの宝物については、後でご紹介します。物色のオンラインショップにはこの模倣もあります。 表面には自然な【貫入】があります。 この製品の雰囲気を作り出す要素の一つとお考え頂ければ幸いです。 口径:83mm 底径:47mm 高さ:50mm 約100mL 寸法の測定値は若干異なる場合があります。 中国景徳鎮制、手作りの作品 作家:塗睿明さん