{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

郎紅茶盤 PF030

11,000円

送料についてはこちら

郎紅のお皿です。 壺承や杯托として使用することができます。 郎窯紅は、郎紅とも呼ばれ、中国の伝統的な赤釉の一つです。 これは、清の康熙時代に景德鎮の「督陶官」郎廷極さんが宣徳赤釉を模倣して焼成した新しいタイプの赤釉で、彼の姓にちなんで名付けられました。 郎窯紅は鮮やかな色合いと強い光沢の釉薬が特徴で、「鏡のように明るく、玉のように滑らかで、血のように赤い」と言われています。その色合いが生の牛血のような深い赤色であるため、「牛血紅」とも呼ばれます。西洋では「sang de boeuf」と呼ばれ、フランス語で「牛の血」を意味します。 口縁部の釉薬は薄く、高温で銅が揮発しやすいため、白い渦巻き線が現れることがあり、「灯草辺」と呼ばれます。 釉薬は高温で自然に流れるため、下に行くほど色が濃くなり、垂れ釉が形成されます。しかし、底部の旋削は釉薬が足に流れ過ぎないように保証されているため、「脱口垂足郎不流」と言われています。 口径:156mm 高さ:31mm 重さ:280g サイズと重さの測定にはわずかな誤差が発生することがあります。 また、個々の製品にもわずかな違いがあることがあります。 陶磁器の表面には貫入(開片)が生じる可能性があり、これは基本的に底の粘土部分と表面の釉薬部分の収縮率の違いによるもので、避けられない正常な現象です。ただし、これは使用に支障をきたしません。すべての陶磁器で発生するわけではありませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 中国景徳鎮制

セール中のアイテム